忍者ブログ

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

6.27『Ultimate Chaos』煽りVTR

主催者のPRチームからのメールがウザいぐらい届くので、その健気な広報活動に敬意を表し、大会前の煽りVTRを紹介しておく。

6月27日(日本時間28日)に開催される『ULTIMATE CHAOS』は、ボブ・サップ vs ボビー・ラシュリーというスーパーハルク vs 元WWEという“ジャパニーズフリークショー”も真っ青なカードをメインに据えたMMAイベント。メインカードの次に話題となっているのが『アフリクション』の副社長トム・アテンシオのMMAファイトだというから、恐ろしい。しかも、無謀か玉砕か、この大会はPPVで放送されるのだ。いったい何人のモノ好きが購入するのか、『プロレス・エキスポ』の観客動員数ぐらい気になる次第である。

PPV向けのカードとしてセミに組まれたのは、ギルバート・アイブル vs ペドロ・ヒーゾ。続いてディン・トーマス vs ハビエル・バスケスという少々旬を過ぎたベテランたちのカードが並ぶ。HPを見る限り、トム・アテンシオの試合もPPV枠内で放送されそうなのにもビビる。激勝してリング上でダナ・ホワイトをディスってほしいものだが、そもそも試合に勝てるのかが疑問である。

他にめぼしい選手としては、『戦極』参戦の噂があったクリス・ホロデッキー、『アフリクション3』で五味隆典戦がオファーされたブレット・クーパーが登場する。格闘技マニア的には、彼らの試合の方が興味深いかもしれないが、PPV向けとしてはパンチに欠けることは否めない。

煽りVTRでは、ボビー・ラシュリーの今年5月のMFCでの試合が比較的きれいな映像で観られるので、まだ観てない方は観てみるのもいいかも。ただ、あの試合内容で「MMA界のライジングスター」と称するのは、無理があるような。すでに大会まであと残すところ数日となっているが、はたして破綻系ズンドコ興行マニアのハートをくすぐるような内容になるのかどうか……。

PR

Trackback (0) | ▲TOP

Trackback

Trackback URL: